我が家は手作りおもちゃ工房 TOPページへ  びっくり箱



市販のビックリ箱はバネを使っていたりしますが、紙だけで作れるビックリ箱を紹介します。

これだけはお子さんと一緒に作らず、お昼寝の間にそーっと作ってみてくださいね。
うちの子は「うわーーっ♪」と、喜んでくれました。それからはじいじやばあば、お客さんが来るたびに
「はい、ぷぜれんと♪」と渡しています。
スポンサードリンク


● ビックリ箱の作り方



ちょうど良い箱がなかったのでフリーザーバックの空き箱を使用。
見た目を良くする為に白い紙を貼りました。

そうそう、手作りおもちゃって見た目も大事だと思うのです。あまり空き箱、空き箱という柄だと
ゴミ扱いしてしまいそうな気がしませんか?

箱を用意したらバネを作ります。
3cm幅の厚紙を2本作り、端と端を90℃になるように糊で付け合せます。


(写真の紙は実際よりも細い幅です。)



そして、2本の紙を交互に折り重ねていきます。
右にある紙を左に。下にある紙を上に。
左にある紙を右に。上にある紙を下に・・・・・という具合。

バネの長さが足りなければ厚紙を糊で足して長くします。
端は糊で接着して始末し、ダンボールを好きな形に切って貼り付けます。
立体的なものより平べったいダンボールの方が箱の中に上手く収納しやすいですよ。

今回の箱はフタ部分が開いてしまうので取っ手としてゴムをつけました。


ゴムをはずして蓋をあけると・・



びよーん、と仕掛けが出てきます。
HOMEへ