我が家は手作りおもちゃ工房 TOPページへ  レジスターで
  お買い物ごっこ




子どもってある時期にレジやお買い物に興味をもちますよね。
実際にお店で「お金渡す〜!」と、会計をしたがったり、数字が読めるようになると「じゅうえん♪」なんて
わかるようになったり。子どものうちから金銭感覚を養うのも大切。

レジスターは少し難しいように見えますがちょっとの工夫で楽しいレジが出来上がりますよ。
これも私は思いつきで作っていますので皆さんもお好きなように作ってみてください。

作成:2005年10月(息子3歳)
スポンサードリンク


● レジスター


ダンボールの側面を斜めに切り、レジの形にします。
白い紙を貼って見た目をキレイにしました。

数字のボタン部分は掃除用のスポンジを使っています。スポンジを同じ大きさにカッターで切り
ダンボールにExcelで作った数字をのりで貼り、切りとって両面テープでスポンジに張ります。
スポンジを両面テープで本体にくっつけます。

押した感じが本当のボタンのような感覚で、ただ数字を書くよりオススメです!

注:セメダインを使うとスポンジが解けたり固まったりしてしまうので使わないで下さい。

本体側面に穴をあけ、紐かゴムを通し、本体内側で玉結びにします。
ダンボールで作ったスキャナを付け、それをおさめる場所を本体につけます。
私の場合はスキャナ収納部分は側面と下部が割りばし、正面はダンボールに息子の好きな
シールを貼ってあげました。


工夫して本体を切り抜き、引き出しを作ればおもちゃのお金を入れられます。





さらにもう一工夫。

本体の引き出しよりも上部スペースはただの空洞になっていますので有効利用して
収納を作りました。こうすればお財布などまとめてお片づけ出来ます。




● お買い物ごっこグッズ

スーパーのチラシが一番オススメ!

ダンボールなどの厚紙に切って貼るだけで値段も写真も実際にスーパーで売られているものと
同じなので臨場感がありますよ。
季節ごとに旬のものを追加してみてください。小さい子には「これはタコ」「これはサンマ」と
食べもののお勉強にもなります。





HOMEへ