我が家は手作りおもちゃ工房 TOPページへ  割りばし鉄砲



私も夫も子供の頃作って遊んだ「割りばし鉄砲」。
割りばしと輪ゴムで作ることが出来ます。カッターを使うので危ないところはお父さん、お母さんが手伝ってあげてください。人に向けるのではなく対象物を作り、あてる遊びをすると危なくなく楽しめます。
スポンサードリンク


● 割りばし鉄砲の作り方


用意するもの 割り箸を割ったもの 5本 と 輪ゴム 6本 (その他 弾になる輪ゴム)

@ 割りばしは
  A そのままの長さ 3本
  B 半分の長さ 2本
  C Bの3分の1の長さ(Aの1/6の長さ) 2本 (余り1本は使いません)

 に切って使います。 カッターや万能バサミで切りますが怪我に充分注意してください。


割りばし鉄砲の作り方1



A A(長)の1本の先端に輪ゴムが引っかかるところを作ります。
  カッターで少しずつ切り込みを入れていくと出来ます。

  きれいな形でなくとも輪ゴムが引っかかればOKです。
割りばし鉄砲の作り方2


B A(長)3本 と C(短) 2本を写真のように輪ゴムでつける作業です。

割りばし鉄砲の作り方3-1
                  ↓

割りばし鉄砲の作り方3-2



C 次にB(中)2本を使ってもち手の部分を作ります。
  輪ゴムで3箇所固定します。

割りばし鉄砲の作り方4-1
               ↓
割りばし鉄砲の作り方4-2


D 最後にB(中)で引き金を作ります。
  斜めになるように輪ゴムで固定します。

割りばし鉄砲の作り方5

斜めにならない場合はゴムの巻き付け方を工夫してみましょう。
上部は銃口方向を多めに、下部は持ち手方向が多めになるようにゴムを巻くと
上手く斜めになります。

引き金になるB(中)は細い方を上にした方がゴムが飛びやすくなります。


完成! ※人の顔に向けてゴムを飛ばすのはあぶないのでやめましょう。

割りばし鉄砲完成1

先端(銃口)と引き金の上の部分に輪ゴムをかけて、引き金を引くとゴムが発射します。

我が家では人形を的にして遊んでいます。親子で遊ぶととても盛り上がりますよ!

割り箸鉄砲完成2
HOMEへ